メンズサプリをどうやって選ぶか

メンズサプリ選びの参考となる基準

メンズサプリはサプリでもいろいろな商品が販売されていて何を選べばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

メンズサプリを初めて購入するという人や買ったことはあるけど効果を感じられなかったという人は何を基準に選べばいいのかわかんないのではないでしょうか。

以下に、メンズサプリ選びの参考を解説していきたいと思います。

まずタイプをチェックする!

メンズサプリを選ぶ時にまず最初に選ぶべき点は錠剤なのかカプセルなのかといったタイプをチェックするという点です。

個数でタイプを分類すると1粒タイプだったり、2粒だったりというタイプがあります。

形状はカプセルの中に粉末の成分が詰まっているカプセルタイプとタブレットに凝縮したタブレットタイプがあります。

個数のタイプは一粒にすべての成分をギュギュッと凝縮したものだったり、複数の粒に成分を分けて配合しているものだったりがあります。

最初にカプセルタイプかタブレットタイプかで判断します。期待できるのはカプセルタイプの方が優れているといわれています。

カプセルタイプのメンズサプリの中にはカプセルに配合されている成分は貢献が期待できる成分だけとなっています。

ですが、一方でタブレットタイプはタブレット錠にするために男の自信に関係ない不純物が入っていると言われています。

男の自信を目的としたときに無駄な成分が配合されていると言うことになります。

一粒あたりに換算すると成分の違いは数ミリグラムかもしれませんが、長く飲み続けていったときに大きな差になります。

次に単体の粒なのか複数の粒なのかの違いですが、基本的に一粒タイプの方が期待できるといわれています。

一粒タイプの場合のメリットとしては飲み方次第では無駄にすることなく成分を吸収することができるのです。

以上のことからわかる一番期待できるメンズサプリのタイプは一粒のタイプで、なおかつカプセルタイプだということがいえるでしょう。

成分を見る

次にメンズサプリ選びの際にチェックするべきポイントは成分です。

成分は成分の配合量と配合数の二つの観点から見る必要があります。他には成分に対する知識も必要になります。

配合量は一つ当たりの配合成分が何ミリグラム配合されているかということもチェックしましょう。

なので、メンズサプリを選ぶ時は、シトルリンがどれくらい入っているかをチェックしましょう。

次に配合成分の種類がどれくらい入っているかをチェックしましょう。男の自信が高い成分がたくさん入っている方がしやすいです。

例えばですが、人気の高いメンズサプリは平均して50種類くらいの配合成分があります。

なので、一つの商品当たりには50種類くらいの増大成分が入っていればちょうどいいということがわかります。

メンズサプリを選ぶ時は口コミを見る

メンズサプリを選ぼうと思ったらツイッターなどのSNSをつかって利用者の口コミをチェックすることが大切です。

例えば、ツイッターやフェイスブックなどでメンズサプリの商品名で検索してみるといろいろな情報がヒットします。

ツイートをいろいろみていって、使った人のレビューがなくて広告ばかりだったりまったくヒットしなかったりということは使っている人がいないので、人気のないサプリということがいえるでしょう。

逆に個人の体験談などがあれば、それは実際に売れていて、なおかつ実感している人がいるというサプリなので、優良サプリということがいえるでしょう。

もちろん、業者が個人になりすましてレビューなどを投稿していることもあるので、本当に個人が投稿しているかどうかを見極める力が必要になりますが、だんだんとそういうわかるようになってくるものです。

ですが、これは新しいメンズサプリの場合はあてはまりません。発売されたばかりの商品というのは当然ですが、口コミを投稿している人がいないからです。

特にメンズサプリというのは、実際に2,3ヶ月くらいかかるものです。

にもかかわらず、発売されてまもなく口コミがある場合はそれは業者がステマの一つとしてツイートしていることが考えられます。

上記のように、いろいろな視点からサプリ選びをすることにより、本当に高いサプリを選ぶことができるようになるでしょう。

メンズサプリを今まで使ったことがないひとは選ぶ時に一苦労だと思います。

なので、当サイトのトップページのランキングには、昔から売れていて、メンズサプリをランキングにしているのでぜひ参考にしてください!

メンズサプリ選びで大切なこととは

楽天やアマゾンなどの大手のネットショッピングサイトで売られているものもあれば、公式サイトのみでしかうっていないメンズサプリまでいろいろなものがあります。

また、国内で製造されているサプリだけではなく、海外産のメンズサプリもたくさんあります。

ですが、メンズサプリはたくさんの商品数があるので、目的別に何を使えば得やすいのかというのがわかりにくくなっています。

なので、まずはメンズサプリのランキングを見る前に選び方についていろいろな角度から見ていきましょう!

誇大なキャッチコピーを信じない

メンズサプリの広告や公式サイトなどには、飲み始めてたった3日で5cmもペニスが長くなった!などという魅惑的なキャッチコピーが踊っています。

成分を盛りだくさんに配合してサプリもありますが、数日で数センチも増大できるなんてことはありえません。

賑やかなキャッチコピーをつかっているメンズサプリは詐欺サプリ名ことがおおいので使うのを控えましょう。

口コミをチェックする

ネットで調べてみるとメンズサプリの口コミやレビューや体験談などを書いているブログやサイトを見かけます。

メンズサプリや精力剤などを実際に使って、ペニスが本当に増大できたとか、勃起したときのガチガチさが上がったとかいろいろな効果を書いてありますが、本当に個人で使っていてレビューを書いているのか、販売者がステマをしているのかわかりません。

男の自信に主な成分とは

メンズサプリや精力剤にはシトルリンやアルギニンなどの定番成分はほぼすべてといっていいほど配合されています。

なので、これらの成分が配合されているのは当たり前だとして、どれくらいの量が配合されているかをチェックしておく必要があります。

長年売れ続けているメンズサプリかどうか

全然増大できないような成分ばかりで構成されているようなメンズサプリでも、広告費に莫大なお金をかけることにより一時的に大ヒットしているかのように見せかけることができます。ですが、だんだんと増大効果がなかったら口コミで広まってしまい売れなくなってしまいます。

リピーターもたくさんいるようなメンズサプリは広告やキャッチコピーの派手さに関係なく長年売れ続けているので、そういうメンズサプリは信憑性が高いといえるでしょう。

特典やキャンペーンが充実しているかどうか

キャンペーンや特典を付けているところはたくさんあります。でも、あまり効果のない特典を付けられても意味がありませんよね。

まとめ買いで半額になったり、1ヶ月分が無料で付いてきたり、2ヶ月分が無料で付いてきたりというサービスをやっている商品の方がおすすめです!

国産のサプリを選ぶ

メンズサプリを選ぶ時の最低条件としては国内のGMP認定の工場で製造されているかどうかを確かめましょう。

メンズサプリは医薬品ではなく、サプリという立ち位置なので衛生基準や製造工程の管理が行き届いている環境で製造されているかどうかが大切なのです。

国産のサプリであれば販売が許可されていなければ公式サイトで購入することができません。

ですので、日本国内の製造工場で製造されているということだけでも安全性がとてもたかく品質も高いということがいえます。

もう一方でGMP認定工場というのは原材料の受け入れから製造工程から出荷まで完璧な過程をへているという証明になります。

しっかりした高品質を安定供給するシステムがなければ、GMP認定のマークを製品に付けることはできません。

すなわち、GMP認定工場で生産されているメンズサプリというのは、審査基準をクリアしたものだけを供給することにもつながっています。

このどちらかの要素がメンズサプリにあれば、安全性が高くて品質も高い使い続けても問題ないサプリと言うことがいえるでしょう。

逆に、GMP認定工場で生産されていないメンズサプリは品質が低いこともあるので、使うのをやめておいた方がいいかもしれません。

メンズサプリは食品という位置づけて毎日飲み続けるものなので、どういう製造工程を経ているかをチェックすることはとても大切です。

3ヶ月以上続けてもコスト面が安いかどうか

メンズサプリの始めるというのが、1、2ヶ月と言われています。

つまり、長く見積もっても3ヶ月くらいは使い続けて変化を見る必要があるということです。

ですが、メンズサプリを3ヶ月以上継続するにはお金の面で心配ですよね。

だからこそ、続けることに抵抗を感じるような高さになっていないかをまずチェックしておきましょう。

数ヶ月以上まとめ買いすると3割引きになったり半額になったりするものもあるのでそういうサプリを購入すればお得に使えます。

ですが、もっと続けて購入する人のために価格設定を行っていることも多いでしょうから、最低でも3ヶ月以上は続けられるくらいの金額であるかどうかもチェックしておきましょう。

あまりにも価格が安すぎるものだったりしないためにも、いくつかの商品を比較してみましょう。

業界平均価格のメンズサプリの価格をしっておけば、優良なサプリを選ぶことができるでしょう。